御岳ボルダリングエリアガイド

¥3,240

  • △残りわずか
  • お届け日数:1~3日

御岳ボルダリングエリアガイド

 

「黒本」後継がついに発売。

 

1999年に初版された「小川山 御岳 三峰 ボルダー図集」、通称「黒本」の後継として室井登喜男氏監修のもと作成された。岩場のトポ情報だけでなく、開拓当初の写真やエピソードも掲載されており、日本のボルダリングの歴史や開拓当初のおもいを知ることが出来る。また、「黒本」以降に設定された新課題も網羅しているので、バラエティに富んだ課題内容は外岩デビューの初級者から中上級を目指す人やベテランに至るまで、幅広いレベルのクライマーに対応するガイドブックです。

 

【収録エリア】
・発電所エリア
・杣の小橋エリア
・玉堂美術館エリア
・御岳小橋エリア
・御岳小橋下流エリア
・鵜の瀬橋エリア
・ロッキーボルダーエリア
・忍者返しの岩エリア

【コラム】
・室井登喜男
・草野俊達

【ページ数】
・177ページ

 

【言語】

・日本語/英語

 

【出版・編集】

・(株)ダイホールド